指輪の作り方には主に「鋳造」と「鍛造」の2通りがあります。それぞれに独特の良さや強みがあり、出来上がった指輪にもユニークな特徴があります。結婚指輪を探していて、自分に合ったこだわりの1品を選びたいと考えている人は、製造方法までしっかりと理解して選ぶと良いでしょう。

鋳造の方法

鋳造とは、蝋で指輪の型を作り、そこへ溶かした金属を流し込むという製法のことです。プラチナやゴールドなど、クライアントの依頼内容に合わせて金属の種類は変えることができます。型を利用するこの製法であれば、同じタイプのものを簡単に大量生産できるという特徴があります。

鍛造の方法

鍛造とは、鍛冶の技術を使って金属を指輪の形に整えていくという製法です。この作り方には大きく分けて「手作業で成型する方法」と「プレス法」という2つの方法があります。手作業で指輪を作るには熟練した技術が必要です。経験豊富な職人が熱した金属を金床で棒状に伸ばし、その後徐々にリング状にしていきます。適切な温度管理を行いながらさまざまなタイプの金槌を使って美しい指輪が出来上がっていく様子は圧巻です。

「プレス法」とは、シルバーなどの金属をプレスマシンで圧縮し、それを指輪の形に合わせて切り抜くという方法です。この作り方であれば、細かな温度管理や金槌の技術などはほとんど必要ないため、短時間で大量生産をすることができます。

完成品のそれぞれの特徴

鋳造で作られた指輪は「柔らかく繊細な仕上がりになっている」という特徴があります。型に合わせて金属を固めていく製法なので、非常に細いリングを作ることも可能です。もちろん、表面を研磨をすることでさらに輝きは増すことでしょう。しっかりとしたジュエリーブランドであれば、金属を流し込む際に気泡が入り込んでしまうというリスクもまずありません。

一方、鍛造で作られた指輪には「丈夫で美しい」という特徴があります。金槌でしっかりと鍛えられているので、表面がとても硬く、傷ついたり変形したりしにくいのです。また、金属の密度が非常に高いというのも利点でしょう。そのため、研磨をすると指輪の表面が美しく輝きます。手作業で仕上げているものなので、鋳造と比較するとやや厚みがあります。とはいえ、熟練した職人が仕上げているものですから、リングが歪んでいたり傷ついていたりといったことはまずありません。

鋳造のメリットデメリット

鋳造で作られた指輪のメリットは「豊富なデザインからチョイスできる」という点でしょう。指輪そのもののデザインを細かく調整することができるため、クライアントから詳細な要望がある場合にもしっかりと対応することが可能です。V字やウェーブ型などのユニークなデザインでも容易に制作することができます。また、完成までの時間が非常に短いというのも利点でしょう。加えて、専門の職人による仕上げを行うわけではないため、料金も比較的安く抑えられるという強みがあります。

一方で、「耐衝撃性がそれほど高くない」というデメリットがあることも覚えておきましょう。金属をしっかりと叩いて鍛えたわけではないため、指輪の造りは非常に繊細です。そのため、少しの衝撃で歪んでしまったり、表面に傷がついてしまったりといったことが起こります。ダイヤモンドなどの宝石が付いている場合には、外れてしまうリスクがあるという点も銘記しておきましょう。ですから、歪みやへこみなどのリスクを避けたいのであれば、家事をするときなどには指輪を外しておくことをおすすめします。

鍛造のメリットデメリット

鍛造で作られた指輪の持つメリットは「重厚感のある輝きを持つ」という点でしょう。ハンドメイドで作られた指輪は大きくて存在感があり、なおかつ温かい雰囲気を醸し出してくれます。先述の通り、磨いた時の輝きが際立っているというのも大きな魅力ということができるでしょう。また、しっかりと鍛えられた金属は表面が滑らかなので、付け心地が非常に良いのです。実際、鍛造の指輪を購入した人の多くが「シルク生地のように優しく滑らかな付け心地」という感想を述べています。ですから、ゴージャスで手元に確かな存在感を示してくれる指輪を探している人にはおすすめです。

ただし、注意すべきポイントもあります。それは「デザインの種類がそれほど多くない」という点です。金属を直接叩いて仕上げていくわけですから、細かな装飾が施された指輪を作るのはかなり難しく、基本的にはとてもシンプルなデザインになります。また、職人が1つ1つ丁寧に手作りをしていくわけなので、注文から受け取りまでにかなりの時間がかかるというのもデメリットでしょう。ですから、結婚式の日取りに間に合うよう、十分前もって注文する必要があります。

まとめ

指輪の代表的な製法である「鋳造」と「鍛造」にはそれぞれユニークな魅力があります。これから結婚指輪の購入を控えている人は、それぞれの強みや利点を踏まえつつ、自分のスタイルや好みとマッチしたものを探してみましょう。もちろん、夫婦それぞれで異なる製法のものを選んでみるというのも面白いでしょう。

口コミを投稿する

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)